「住宅性能のお話」魔法瓶のような家とは?

こんにちは、R+house小田原西スタッフブログです。

「夏は涼しく、冬は暖かく」―――まるで魔法瓶のような家。

これを実現するには、高い断熱性と気密性、省エネ設備がとても重要になってきます。

そこで今日は、R+houseの高気密・高断熱ついてご紹介します。


住宅の性能には、「耐震性」「耐久性」「省エネルギー性」「バリアフリー性」「維持管理更新の容易性」などがあります。昨今は「耐震性」などは当たり前ですよね。

 

その中で特に当社が力をいれているのが「省エネルギー性」です。

快適な住まいの条件の1つには「部屋の中が常に適温に保たれる」ことが挙げられます。

「冬は暖かく、夏は涼しく。1年中快適に過ごせる理想の住まい」とは、一般的に冬は18~22℃、夏は25~26℃が快適に感じる室温と言われています。

快適な室温環境を保つためには、外気に影響されない「高断熱性」の確保と、隙間のない「高い気密性」の2つがとても重要になります。

外と室内の間を高性能な断熱材で遮断し、隙間を限りなく塞いで高気密にすることで、熱が逃げにくい魔法瓶のよう家を実現できるというわけです。

魔法瓶のような家であれば冬の場合エアコンを20℃前後に設定しておけば心地よく過ごせます。


では、当社のつくる高断熱・高気密で省エネルギーなR+houseとそうではない住宅にはどれくらい差があるのでしょうか?

 

R+houseが基準にしているのはこの先に予定されている未来の基準を採用していることに対し、そうでない住宅は過去の基準を採用しているという違いがあります。

 

R+houseでは省エネルギー対策等級は古い基準のため、その次の次の基準である「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」上回ることをを標準にしています。

 

少し難しい話ですが、断熱の値のUA値で示すと「省エネルギー対策等級4」は、UA値=0.87W/㎡Kに対して「ZEH」基準は、UA値=0.6 W/㎡K、「R+house」基準は、UA値=0.5 W/㎡K以下、ということになっています。(すべて神奈川県の多くの場所にあたる「地域6」の場合)

ちなみに現状、省エネの基準には気密性は入っていません。

しかし、気密性をしっかりしないと断熱の性能が発揮されないため、最重要であることは間違いなく、「R+house」の気密の値、C値の基準は、C値=1.0cm2/㎡です。ただし、「R+house小田原」の独自基準はC値=0.5cm2/㎡を上回ることです。気密測定はもちろん全棟やっています。


このように、当社のR+house住宅は、「冬は暖かく、夏は涼しく。1年中快適に過ごせる理想の住まい」を実現させるために、高気密・高断熱にとことんこだわっています。

気密が良い住宅は、結露ができにくかったり、エアコンをつける回数が減ったりするほか、温度差がないのでヒートショックも起きにくく、健康に過ごせます。

 

実際にR+houseの快適な空間を体験していただくことも可能です。



モデルハウス見学のご予約はこちら

https://www.rplus-odn.com/contact

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示