埋蔵文化財包蔵地

今日は埋蔵文化財包蔵地についてお話し致します。過去にも当社では鎌倉や小田原市内での埋蔵文化包蔵地での建築工事経験があります。

埋蔵文化財包蔵地とは住居跡地などの、土器、石器などの遺物が埋もれている土地の事です。

その指定されている場所に建築物など施工する場合、工事着手日の60日前までに役所へ届け出が必要になります。

これから建て替え予定のお客様が埋蔵文化財包蔵地地域の為,工事前日に役所立ち合いの元

重機にて掘削し確認しました。



特に土器等の出土は無く、無事その後の工事を行う事が出来、ほっとしました。



万が一、土器が出土し、極めて重要な遺跡と判断されれば

工事ストップ~一定の期間、状況を変更する事が出来ません。

立ち合い当日、ドキドキしながら掘削を見守りました。

全国各地に埋蔵文化財包蔵地は存在します。

皆様 参考にして下さい。

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示